Happy people make happy clinic
当院では、スポーツ障害を起こした選手に対し、理学療法による競技復帰までのリハビリテーションを行っています。
一概にスポーツ障害といっても、その性質は競技種目やそのレベル、スキル(技術)によりまちまちです。
ここでは野球選手の投球障害を中心にその障害に対するリハビリテーションの取り組み、考えについて述べたいと思います。
例えば、野球選手が『肩が痛い』と来院した場合、まず医師による診察が行われ、診断がなされます。
肩の痛みにも単純に筋肉の疲労からくる痛みから、骨・関節の異常(解剖学的破綻)、筋腱損傷、神経・血管の絞厄性障害まで、原因は数多くあります。
医師は病歴、病状及び診察所見から、痛みの原因を推察し、それに応じた治療方法を選択します。その選択肢の一つとして理学療法があります。
従来のスポーツ障害に対する考えとして、痛い時は休み、痛くなくなったら競技復帰という傾向が存在しました。しかし、それらは痛みの原因に対する根本的な治療ではないために再発を繰り返す結果となることが多くありました。
理学療法による治療の目標は、機能的に痛みの原因がなぜ発生しているのか、明確にした上で、ひとつひとつの原因に応じた治療を行って症状を緩和,根本的治療を行うことです。
 
スポーツ障害に対する理学療法
〜投球障害を中心に〜
具体的には痛みの原因となっている例えば筋肉の炎症がなぜ起きているのか?
                       など

野球選手の投球障害においては、筋肉のアンバランス、関節の硬さにより、筋肉の使い方が悪くなり、痛みとなる例が多く存在します。そのような例では、実際の炎症の改善を図る一方で、筋肉のアンバランスに対する調整や柔軟性の獲得、姿勢改善など機能障害への治療を行うことで、痛みをいち早くなくし、スムーズな競技復帰を可能とします。
また、それらの機能障害を改善したにもかかわらず、症状が再発する例に対しては、その痛みを誘発する動作、例えば投球フォームなどを評価し、その動作が関節にどのようなストレスをかけているかを検討します。動作そのものに問題がある場合は、選手と相談のもとフォームを変えることもあります。
以上が大まかなスポーツ障害に対する理学療法の考えです。その他の疾患と変わることが多くあるわけではありませんが、障害に対する身体への治療以外に復帰までのスケジューリング、予後予測などを含めたリハビリテーションを目標にしています。


         理学療法士  松本大士